トップページ > ご加入をお考えの方へ > 加入資格について

ご加入をお考えの方へ

加入資格について

国民年金基金に加入できる方と、加入資格がある方についてご説明します。

愛知県国民年金基金に加入できる方(地域型基金)

  1. 自営業者とその家族、自由業、学生などの国民年金の第1号被保険者の方で国民年金保険料を納めている20歳以上60歳未満の方
  2. 60歳以上65歳未満で国民年金に任意加入していて国民年金保険料を納めている方
    ただし、60歳まで国民年金基金に加入されていた方で、60歳以降も国民年金基金に加入を希望される場合は、改めて加入手続きが必要です。
  3. 日本国籍を有し、外国に居住する20歳以上65歳未満で国民年金に任意加入していて国民年金保険料を納めている方
  4. 愛知県に居住している方

※国民年金基金へのご加入は任意ですが、一度加入されますと、ご自分の都合で任意に脱退したり解約することはできません。

※愛知県国民年金基金に加入申込みを行うことによって加入員となることができます。また、基金から委託を受けている生命保険会社、信託銀行、銀行、信用金庫を通じて申し込むこともできます。

愛知県国民年金基金に加入できない方

  1. 愛知県に居住していない方(海外に居住し、国民年金に任意加入されている場合を除く。)
  2. 厚生年金保険や共済組合に加入しているサラリーマン等の方(国民年金の第2号被保険者)
  3. 厚生年金保険や共済組合に加入している方の被扶養配偶者の方(国民年金の第3号被保険者)
  4. 65歳以上の方で国民年金に任意加入している方
  5. 国民年金の保険料を免除されている方(一部免除・学生納付特例・納付猶予制度対象者を含む)
    ※ただし、法定免除の方(障害基礎年金を受給されている方)が年金事務所に申し出て、国民年金保険料の納付申出をした期間は加入することができます。
  6. 農業者年金の被保険者の方

愛知県国民年金基金に加入した方が資格を喪失する場合

国民年金基金に加入した方は、次のいずれかに該当したとき加入資格を喪失します。

  1. 60歳になったとき(海外に居住し、国民年金に任意加入されている場合を除く。)
  2. 65歳になったとき(国民年金に任意加入されている場合)
  3. 国民年金の第1号被保険者でなくなったとき(海外に転居したときを含みます)
  4. 国民年金の任意加入被保険者でなくなったとき
  5. 他の都道府県に転居したとき(地域型基金の場合)
  6. 国民年金の保険料を免除されたとき(一部免除・学生納付特例・納付猶予制度対象者を含みます)
    ※ただし、障害基礎年金を受給するようになり法廷免除に該当された際、年金事務所に申し出て、引き続き国民年金保険料を納付する場合は、加入員資格の喪失にはなりません。
  7. 農業者年金の被保険者になったとき
  8. 加入員本人が死亡したとき

※上記5の理由により資格を喪失した場合、3か月以内に転出先の都道府県で手続きをすれば、従前の掛金で引き続き加入できます。

※加入員の資格を喪失した場合、基金に納付した掛金は将来、年金としてお支払します。

国民年金との関係

国民年金基金に加入した方は、基金の掛金を納めても、国民年金本体の保険料を納めないと、その未納期間に対する基金の年金給付は受け取れません。(国民年金基金の掛金は2年経過した時点で還付されます。)

国民年金基金に加入した方は、国民年金の付加年金の保険料(月額400円)を納付することが出来ません。これは国民年金基金が国民年金の付加年金を代行しているためです。